top of page
  • サッカー太郎

山根視来 【日本代表選手データ】



















【プロ入り前の経歴】

 5歳の頃からサッカーを始め、小学校4年の時に東京ヴェルディの下部組織に加入をした。

 中学卒業時にユースに昇格できず、ウィザス高校へ進学。

 高校2年の時の東日本大震災でお世話になった縁から、桐蔭横浜大学に進学し、主力として活躍をした。


【プロ入り後の経歴】

 2016年より、湘南ベルマーレへ加入。

 2シーズン目から主力として試合に出場し、その活躍から2020年に川崎フロンターレに完全移籍。

 右サイドバックとして定着し、リーグ2連覇に貢献をし、2020年から3年連続でベストイレブンを受賞するなど、Jリーグ屈指の右サイドバックプレーヤーとして活躍している。


【代表としての経歴】

 代表には、2021年3月から招集されるようになり、親善試合の韓国戦で代表デビューを果たし、初ゴールも記録した。

 

【ストロングポイント】

1.持ち味のスピードを活かした、緩急使ったドリブル

 山根といえば、ドリブルはストロングポイントとして欠かせない箇所だろう。

 細かいボールタッチと、体の使い方の上手さから、狭いスペースも快速飛ばし突破を果たすことができ、ゆっくりとボールを運びながら、ギアを入れ替えてスピードを活かし前線へ侵入されたら、止めることは困難だ。

 

2.視野の広さからのパス能力

 山根はルックアップした状態で、周りを見渡すように落ち着いてボールを持っている。

 そのため、味方選手の動きをよく見ており、ディフェンスの間を縫ったスルーパスやクロスの質は、一級品である。

 豊富なスタミナから、90分通して守備や攻撃に力を費やすことができるため、試合終盤であっても疲れた様子を見せることはない。

 常に前を向いて攻撃を展開できる力がディフェンダーである山根に備わっているからこそ、川崎フロンターレのリーグ屈指の攻撃ができる要因だと感じる。


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。





 

Comentarios


bottom of page