top of page
  • サッカー太郎

谷口彰悟 【日本代表選手データ】



















【プロ入り前の経歴】

 小学時代から中学時代は、熊本ユナイテッドSCに所属。

 大津高校を経て、筑波大学へ進学。

 1年時から主力として活躍し、4年時には主将を務めた。


【プロ入り後の経歴】

 2013年8月に、川崎フロンターレで特別指定選手として選手登録され、2014年に複数クラブでオファーがあったが、川崎フロンターレに正式入団。

 ルーキーながら本職でない左サイドバックとセンターバックでプレーするなど、ユーティリティー性を見せてチームに貢献。

 2017年には、通算100試合出場を果たし、センターバックとして全試合フル出場とタフさを発揮し、更に7得点を記録と攻撃性でも非凡さを見せて、チームのリーグ制覇に貢献。

 2018年もリーグ戦フル出場を果たし、チームに欠かせない存在として地位を確立するとともに、チームの2連覇に貢献した。

 2020年より、キャプテンに任命され、J1と天皇杯2冠を達成。

 2021年も、キャプテンとしてリーグ連覇に貢献した。

 Jリーグ優秀選手賞を2017年から6年連続受賞し、ベストイレブンも4回受賞と、今やリーグを代表するセンターバックである。

 

【日本代表としての経歴】

 代表では、2015年3月に初選出。6月のイラク戦で初出場を果たした。

 今大会のアジア最終予選では、中国戦、サウジアラビア戦で先発フル出場し、完封勝利に貢献。

 今大会は、バックアップメンバーとしていつでも出れるようコンディションを整えて本番を迎えたい

 

【ストロングポイント】

1.体格と身体能力を生かした高い対人能力

 183cmと高身長に加え、ゴツい体格を生かしたぶつかり合いや空中戦の強さは国内では屈指の実力を誇る。

 そして危機管理能力の高さから、相手との駆け引きがうまく、1人で2,3人ほど警戒しながら守備をこなし、鋭い予測からチャンスを潰す守備は年利を重ねるたびに凄みを増している。


2.高い攻撃センス

 足元の技術も高く、ロングフィードも的確に味方のスペースにボールを運ぶことができる。

 また、センターバックにしては得点が期待できるのも谷口のストロングポイントであり、高さとフィジカルの強さを生かしたセットプレーには要期待だ。


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。




Commenti


bottom of page