top of page
  • サッカー太郎

酒井宏樹 【日本代表選手データ】



















・経歴

 小学3年の時に地元のサッカークラブでサッカーを始め、中学入学と同時に柏レイソルジュニアユースに入団。

 工藤壮人、武富孝介ら黄金世代の一員として、高校入学時に柏レイソルユースに昇格。

 高校3年時に、柏レイソルの2種登録選手となり、高校卒業時にプロ契約。

 最初の年は、ブラジルのモジミリンECにサッカー留学したため、リーグ戦の出場はなかった。

 だが、2011年から主力として出場し、チームの優勝に貢献。

 個人としては、Jリーグベストイレブン、Jリーグ優秀選手、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞と大ブレイクを果たした。

 2012年7月に、ブンデスリーガ(ドイツ)のハノーファー96へ移籍。

 徐々に試合出場の機会を増やし、2013-14シーズンにゴール正面30mの距離から無回転ゴールを決めて、ブンデスリーガ初得点を記録。

 2016年6月に、リーグ・アン(フランス)の名門マルセイユに移籍。

 移籍1年目から主力として活躍し、フィールドプレーヤーの中ではチーム最長出場時間を記録した。

 2018-19シーズンには、ファンが選ぶ年間クラブMVPに選ばれた。

 2021年6月に、9年ぶりとなるJリーグに復帰し、浦和レッズに完全移籍を果たす。

 

 2012年にA代表初出場。

 この時期は、同じ右サイドバックのポジションに内田篤人がいたため、レギュラーではなかったものの、出場機会を分け合う形でプレーしていた。

 2014年ブラジルワールドカップに選出されるも、出番がなく、2018年のロシアワールドカップでは4戦全てフル出場を果たす。

 2018年のベネズエラ戦で49試合目にして代表初ゴールを決める。

 2022カタールワールドカップに選出され、主力として活躍が期待される。



・ストロングポイント

1.体格と走力を生かした、1vs1の守備

 サイドバックとしては長身の183cmと、同ポジションの海外選手と比較しても背丈がある方のため、ぶつかり合いには強さを誇る。

 体を寄せてボールを奪い、相手のチャンスを潰すことができる。

 また、サイドから相手が仕掛けたとしても置いていかれることがなく、むしろ走力対決には余裕を見せて最後スライディングでボールをカットするシーンをよく見かける。

 

2.高精度の高速クロス

 酒井宏樹といえば、高速クロスと言っていいほど、1番のストロングポイントとして挙げる人が多いだろう。

 本人曰く、「人に合わせるよりもスペースに出すようなイメージ」で、右足のインサイドでボールの側面を擦り上げ、内側に回転をかけている。

 また、モーションが短いため、ディフェンスも対応が難しく、味方にクロスを供給することができている。


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。



Comments


bottom of page