top of page
  • 長尾健

プレミアリーグ後半戦熾烈な優勝争いはアーセナルがシティを一歩リード、強さの秘訣とは?

後半戦も終盤に

22−23シーズンプレミアリーグもシーズン終盤に差し掛かりアーセナルがここにきて圧倒的な組織力で強さを見せています。

アルテタ監督の巧みな選手起用は目を光るものがあり、FAカップ4回戦で中盤の心臓トーマス・パーティが負傷したものの、チームの大黒柱の離脱にすかさずチェルシーからジョルジーニョを獲得。さらに三苫にポジションを奪われブライトンで出番が減っていたトロサールも加わりました。冬の移籍市場での補強は結果的に成功と言っていいでしょう。


なぜここまでうまくいっているのか?

何より選手の遂行力と考察力ここの部分が非常に長けているのが大きいでしょう。

基本フォーメーションは4−3−3なオーソドックスで、現代サッカーではこのフォーメーションを使用するチームが多く見られます。

特に3トップの選手が一昔前のサッカーに比べ守備の強度が上がってきており、ほとんど4−5−1のシステムになったり、日本代表のような守備時に4−4−2になったりと様々な役割の変化が求められています。

アーセナルの強さはこのシステム変更を自発的に自由に行い、その状況を見て的確な判断ができるメンバーが揃い、機能しているのが今季の躍進の一番の理由になっていると考えられます。



キーマンはジンチェンコ

このシステムの一番の功労者は左サイドバックのジンチェンコです。

日本でもサイドバックといえば長友佑都、酒井宏樹などアップダウンの激しさ及び、守備力、攻撃力が求められるイメージがついているのではないでしょうか。

ジンチェンコは攻撃時にはインサイドハーフの位置に入り、時にはアンカーの位置に入ったりと、この多種多様なポジションチェンジが起こるアーセナルのキープレイヤーになっています。

特に、左サイドにはマルティネッリというサイドからドリブルでカットインが得意のタイプの選手がおり、左のインサイドハーフのジャカがサイドでボールを受けたり、ペナルティエリアにどんどん侵入したりと激しいポジションチェンジがあります。ジンチェンコの存在により、左サイドにて綺麗なローテーションを組むことができ、結果ジャカ、マルティネッリの好調を引き出していると言っても過言ではないでしょう。

さらに、攻撃時は3バックのような形になり右サイドバックで富安とポジションを争うホワイトは、元々センターバックの選手なのでローテーションしてその前のポジションにジンチェンコが入るというこのシステムの心臓と言ってもいいポジションを担っており、この大躍進を支えています。


移籍組の適応力

ジョルジーニョの加入により、今のアーセナルに安定感が出てきています。ゲームメイクはもちろん、パスの捌きから要所の守備力までパーティとは違った役割でチームを支えています。

また、トロサールが本来のウイングだけでなくセンターフォーワードでの起用がはまってきており、ジェズズの負傷で代役を勤めていたエンケティアがここにきて決定力不足を露呈し、トロサールがセンターフォワードとして起用できる事により、左サイドのマルティネッリとローテーションしたり、この動きを見てウーデゴールやジャカがサイドやエリア内に絶妙なタイミングで入ってくることができ、攻撃のバリエーションが一気に増えて得点力が上がっています。この二人の加入が、チームの自信に弾みをつけていると言っていいでしょう。



優勝に導くチームビルディング

アルテタ監督就任4年目キャプテンのウーデゴール中心にとてもまとまったチームになったのではないでしょうか。

どんな優秀な選手を集めても勝てないチームはたくさんありますし、そんなチームを見てきてたサッカーファンも少なくないと思います。

アルテタ監督は、一環してブレないチームビルディングを担い、決して選手のせいにせず、常に責任を持ち仕事を全うする姿がインタビューから見てとれます。

ペップ・グアルディオラのマンチェスターシティの元で勝者のメンタリティ、多くの戦術を学び、自分色のチームとは?というフィロソフィーがしっかりとしているからこその今の結果に繋がっているのではないでしょうか。

19シーズンぶりの優勝に近づくアルテタアーセナルの躍進に今後も目が離せません。


【この記事の執筆者】


長尾健  ながお たけし


アメリカンフットボールコーチング団体・SPECIAL ONE代表

立教大学、名城大学などでアメリカンフットボールコーチとして指導する傍ら、格闘技やサッカーなどの競技にも造形が深く、試合の戦略、チームビルディング、選手のメンタル、フィジカルなど多角的な視点でスポーツを読み解くコラムを執筆。





このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


コメント


bottom of page