top of page
  • サッカー太郎

グループG


グループGの順位予想

1位 ブラジル

2位 スイス

3位 セルビア

4位 カメルーン


グループGではブラジルが頭一つ抜けている。セレソンは今年に入って一度も負けておらず、カタールワールドカップ優勝候補筆頭である。

それに続くのはスイス、セルビアだろう。強豪ひしめくヨーロッパ予選においてスイスはイタリアを抑え、セルビアはポルトガルを抑えどちらも1位で通過しており両国とも確かな実力を備えている。カメルーンは下馬評を覆すことができるのか注目である。


【あなたの首位予想を教えてください】


グループGの首位予想

  • 0%ブラジル

  • 0%スイス

  • 0%セルビア

  • 0%カメルーン


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


■ブラジル(FIFAランキング1位)

○メンバー(9月インターナショナルマッチウィーク時の召集メンバー)


GK

アリソン(リヴァプール)

エデルソン(マンチェスター・C)

ウェベルトン(パルメイラス)


DF

アレックス・サンドロ(ユヴェントス)

アレックス・テレス(セビージャ)

ダニーロ(ユヴェントス)

グレイソン・ブレーメル(ユヴェントス)

エデル・ミリトン(レアル・マドリード)

ロジェール・イバニェス(ローマ)

マルキーニョス(パリ・サンジェル)

チアゴ・シウヴァ(チェルシー)


MF

ブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル)

カゼミーロ(マンチェスター・U)

エヴェルトン・リベイロ(フラメンゴ)

ファビーニョ(リヴァプール)

フレッジ(マンチェスター・U)

ルーカス・パケタ(ウェストハム)


FW

アントニー(マンチェスター・U)

ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

マテウス・クーニャ(アトレティコ・マドリード)

ネイマール(パリ・サンジェルマン)

ペドロ(フラメンゴ)

ラフィーニャ(バルセロナ)

リチャーリソン(トッテナム)

ロドリゴ(レアル・マドリード)

ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)


○注目選手

ネイマール(パリ・サンジェルマン)

やはり1番の注目選手はセレソンの背番号10を背負うネイマールだろう。果たして彼は母国を悲願のワールドカップ優勝へ導けるのか。ここ数シーズン怪我などにも悩まされることもあったが、今シーズンはここまで絶好調である。ワールドカップでの活躍にも期待したい。


エデル・ミリトン(レアル・マドリード)

ブラジル代表は特に攻撃陣に豪華なタレントを抱えている。しかし守備が安定しなければワールドカップ優勝は不可能である。ミリトンは昨シーズンレアル・マドリードのチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献したセレソンの若きCBである。彼の対人守備は必見である。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


■スイス(FIFAランキング15位)

○メンバー(9月インターナショナルマッチウィーク時の召集メンバー)

GK

ヤン・ゾマー(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)

イヴォン・ムヴォゴ(ロリアン)

ヨナス・オムリン(モンペリエ)


DF

シルヴァン・ヴィドマー(マインツ)

ニコ・エルヴェディ(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)

リカルド・ロドリゲス(トリノ)

エライ・キュメルト(バレンシア) 

ケヴィン・ムバブ(フラム)

ファビアン・シェア(ニューカッスル)

マヌエル・アカンジ(マンチェスター・シティ)


MF

アードン・ヤシャリ(ルツェルン)※追加招集

ファビアン・フライ(FCバーゼル)

レナト・シュテッフェン(FCルガーノ)

ジェルダン・シャキリ(シカゴ・ファイアー)

ノア・オカフォー(ザルツブルク)※怪我のため不参加

ジブリル・ソウ(フランクフルト)

ミシェル・エービシェル(ボローニャ)

レモ・フロイラー(ノッティンガム・フォレスト)

グラニト・ジャカ(アーセナル)

デニス・ザカリア(チェルシー)


FW

ブレール・エンボロ(モナコ)

ルベン・ヴァルガス(アウクスブルク)

ハリス・セフェロビッチ(ガラタサライ)

セドリク・イッテン(ヤング・ボーイズ)

ダン・エンドイェ(FCバーゼル)


○注目選手

ヤン・ゾマー(ボルシア・メンヒェングラートバッハ)

ゾマーは毎年のようにセーブ率、セーブ数においてブンデスリーガでトップクラスの成績を残しているスイス代表の守護神だ。ワールドカップでもそのセーブ力でスイスを躍進させることができるのか注目だ。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


■セルビア(FIFAランキング21位)

○メンバー(9月インターナショナルマッチウィーク時の召集メンバー)


GK

マルコ・ドミトロビッチ(セビージャ)

ヴァンヤ・ミリンコビッチ=サビッチ(トリノ)

マルコ・イリッチ(コルトレイク)


DF

ストラヒニャ・エラコビッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)

ストラヒニャ・パヴロビッチ(ザルツブルク)

フィリプ・ムラデノビッチ(レギア・ワルシャワ)

スルジャン・バビッチ(アルメリア)

ステファン・ミトロビッチ(ヘタフェ)

エルハン・マショビッチ(ボーフム)

ミロシュ・ヴェリコビッチ(ブレーメン)

アレクサ・テルジッチ(フィオレンティーナ)


MF

ステファン・ミトロビッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)

アンドリヤ・ジブコビッチ(PAOK)

ドゥシャン・タディッチ(アヤックス)

ウロシュ・ラチッチ(ブラガ)

ネマニャ・マクシモビッチ(ヘタフェ)

ネマニャ・グデリ(セビージャ)

イバン・イリッチ(エラス・ヴェローナ)

ダルコ・ラゾビッチ(エラス・ヴェローナ)

セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)

サシャ・ルキッチ(トリノ)

ネマニャ・ラドニッチ(トリノ)

フィリップ・ジュリチッチ(サンプドリア)

フィリップ・コスティッチ(ユベントス)


FW

アレクサンダル・ミトロビッチ(フラム)

ドゥシャン・ヴラホビッチ(ユベントス)

ルカ・ヨビッチ(フィオレンティーナ)


○注目選手

ドゥシャン・ヴラホビッチ(ユベントス)

セルビアの若きエースストライカーであるヴラホビッチは今季もユベントスで着実に得点を重ねている。ワールドカップでもその得点力に期待したい。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


■カメルーン(FIFAランキング43位)

○メンバー(9月インターナショナルマッチウィーク時の召集メンバー)


GK

アンドレ・オナナ (インテル)

サイモン・エンギャパンドゥアンブ (オリンピック・マルセイユ)

デイヴィス・エパシ (アブハFC)

ジェームズ・ジャオヤング (キャノン・ヤウンデ)


DF

コリンズ・ファイ (アル・タイ)

ヌフ・トロ (シアトル・サウンダーズ)

オリヴィエ・ムバイゾ (フィラデルフィア・ユニオン)

ニコラ・エンクル (アリス・テッサロニキ)

ウマル・ゴンザレス (アジャクシオ)

クリストファー・ウー (ランス)

ジャン・シャルル・カステレット (ナント)

ダルラン・ヨングワ (ロリアン)

エンゾ・チャト (モンペリエ)

エンゾ・エボス (ウディネーゼ)


MF

フィデル・アンビナ (ケープタウン・シティ)

サミュエル・ウム・グエ (メヘレン)

ジョルジュ・マンジェク (ネア・サラミス・ファマグスタ)

ピエール・クンデ (オリンピアコス)

ジャン・オナナ (ランス)

オリヴィエ・エンチャム (スウォンジー・シティ)

ガエル・オンドゥア (ハノーヴァー96)

マーティン・ホングラ (エラス・ヴェローナ)


FW

エリック・シュポ・モティング (バイエルン・ミュンヘン)

カール・トコ・エカンビ (オリンピック・リヨン)

イグナティウス・ガナゴ (ナント)

ブライアン・ムベウモ (ブレントフォード)

ダニエル・ローダー (FCポルト)

ムミ・エンガマル (ヤング・ボーイズ)

ジャン・ピエール・エンサメ (ヤング・ボーイズ)

ジョルジュ・ケヴィン・エンクドゥ (ベジクタシュ)

ステファン・バオケン (カスムパシャ)

ディディエ・ランケル・ゼ (コルトレイク)

ヴァンサン・アブバカル (アル・ナスル)

レアンドレ・タワンバ (アル・ターウン)

クリスチャン・バソゴグ (上海申花)

パション・ワス・グエ (コトンスポート)


○注目選手

エリック・シュポ・モティング (バイエルン・ミュンヘン)

シュポ・モティングは現在バイエルンで絶好調である。短い出場時間で確実に結果を残している。ワールドカップでも、結果を残せるのか注目だ。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


●放送日時(日本時間)


11月24日

19:00~ スイス vs カメルーン

28:00~ ブラジル vs セルビア


11月28日

19:00~  カメルーン vs セルビア

25:00~ ブラジル vs スイス


12月2日

28:00~  セルビア vs スイス

     カメルーン vs ブラジル


●注目の試合 

ブラジル vs スイス

この試合はグループGの命運を分けることになるかもしれない。ブラジル代表がボールを握る展開になることは間違いないだろう。しかし、スイスの誇る固い守備とカウンターの威力は侮れない。スイスはこれまでもその固い守備とカウンターで数々の強豪国を倒してきている。この試合を引き分け以上に持ち込めればスイスはグループ突破に大きく近づくことになるだろう。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page