top of page
  • サッカー太郎

グループE 日本 VS コスタリカ



 日本vsコスタリカ戦。日本はコスタリカ相手に押し込む展開が続いていたが、結果として唯一の枠内シュートをゴールネットに入れられて1-0で敗戦という結果に終わった。

 もし一本でもシュートが入っていたら流れが変わっていた可能性もあり、勝てた試合であろうこの試合。

 だが、この試合は日本が他国にとって脅威となり得る存在である事を示した試合であり、日本が世界的な立ち位置を昇華した試合であったと考えている。


【勝敗予想をして日本代表を応援しよう!】

日本はグループEを突破できる?

  • 0%日本が一位でグループリーグ突破

  • 0%日本が二位でグループリーグ突破

  • 0%日本はグループリーグ突破できない


▷コスタリカの5バック戦略

 スペイン戦では、攻撃的な4-4-2の戦術をとっていたコスタリカ。

 大量失点で敗戦したため、決勝トーナメント進出に向けて日本戦では大量得点を狙って攻撃的に来るのではないかと想定されていたが、まさかの5-4-1と守備的なフォーメーションで日本戦に臨んだ。

 得失点差をカバーするような攻撃的戦術ではなく、スアレス監督が守備的にシフトを固めた理由は様々な要素があると思うが、そのうちの一つに間違いなく日本の攻撃陣の事を脅威に思っていたことは理由にあるだろう。

 

▷日本のワンサイドゲームと言っていい前半戦

 試合が始まるとコスタリカも得点に向けて攻めてくるかと思いきや、全く攻めてこず全体的に引いて守勢に回り試合を進めていた。

 対して日本は、コスタリカのゴールネットを何度も揺らすようなチャンスを作っていきゴールへの期待を徐々に高めていた。

 

▷日本の得意なカウンター攻撃ができない展開

 だが、ここで日本は守勢に回っているコスタリカの中央から突破し陣形を崩したかったが、それができなかった。

 組み立てて相手を崩すことができなかったのだ。

 反対に、森保監督が狙っていたであろう、ショートカウンター攻撃をコスタリカの守備的な姿勢にてやらせてもらえなかったと言えるであろう。

 そのため、日本はコスタリカにボールを渡してインターセプトから得意のショートカウンターの攻撃を試みたが、コスタリカが自らミスをしてしまうほどボールコントロールがほとんどできず、結果としてボール支配率はコスタリカが上回っていたが、日本がボールを持って攻撃していたイメージが前半は大きくあった。

 コスタリカには勝てるであろうと楽観的な印象を私は受けてしまったが、だが今となっては、コスタリカが日本得意の攻撃パターンを構築させないために、わざと5バックを敷いて守勢に回ったのではないかと考える。


▷三苫の脅威力を生かした中央からの突破

 後半途中に山根に変えて三苫を入れて、三苫と反対サイドの相馬がサイドバックの引き付け役として陣取り、中央の浅野にボールを預けて、鎌田や堂安に対してセンターバックがマークしている間に、遠藤と守田がペナルティエリア前まで上がりチャンスを構築していたシーンが目についていた。

 個人的には、遠藤に変えて柴崎を入れて柴崎のパスやミドルシュートがコスタリカ守備陣にどこまで通用するのか見たかった次第である。

 攻撃としては充分狙い通りの形を作れていて、パスが繋がらない展開も何度かあったが多くのシュートを打ち、コスタリカのゴールを何度も脅かすシーンがあった。

 だが、コスタリカGKケイラー・ナバスやDFフランシスコ・カルボを中心に堅い守備でゴールネットを破ることができなかった。

 

 結果として、コスタリカのDFケイシェル・フラーのミドルシュートが日本ゴールネットを先に揺らし、1-0と完封負けを喫してしまった。


▷今後の展望

 まず展望を語る前に、コスタリカのように引いて守られるような試合は、今大会ではこの先2度とないので、是非日本代表には切り替えていただき次戦のスペイン戦に勝負をかけて欲しい。

 ドイツ戦に勝ったことで、本来想定されている勝ち点でここまで来ているので順調な方といえ、自力で決勝トーナメント進出ができる位置にいることはここまでの戦いを称える要素だ。

 スペインには圧倒的にボールを支配されて、守勢に回ることが想定されるため権田中心に耐え忍んで終盤スペイン中央が緩んだところをカウンターで得点奪えるような試合展開で進んでいくと、日本にも勝機が見えてくるのではないかと想定している。

 ドイツも、スペイン戦で試合終盤に中央からカウンターで1点取ることに成功していることから、スペインも隙が全くないわけではないと言える。

 それまでは、日本が隙を見せないような戦いをすることが大切であり、そんな中注目したい選手が田中碧選手である。

 遠藤が怪我で欠場が予想される中、デュエルに強く危機回避能力が高い田中が中盤にいるだけで、フィールド内の安心感が変わってくる。

 また豊富な運動量は頼もしくあり、ハードな試合展開が予想される中スタミナ的に心配することない選手が中盤でピンチを防ぐ活躍を何度となく繰り返してくれれば、センターバックの板倉や吉田、サイドバックの長友や酒井宏らの負担も軽減するだろう。

 また主力として出場した東京五輪では、スペインに負けて決勝に進出できなかった雪辱をW杯で晴らすことができるかという観点からも活躍が期待される。

 スペインは、今大会で1枚イエローカードをもらっているセルヒオ・ブスケツが、累積警告による出場停止を防ぐため、日本戦の出場を回避する可能性がある。

 これは日本にとっては舐められたようであるが、反対に言えばチャンスであり、ボールを支配するのは難しいと言えるが、ドイツ戦と同様に不必要な失点を防ぎ、カウンターから得点を決めて、是非死の組を突破してもらいたい。



このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page