top of page
  • サッカー太郎

グループB



グループBの順位予想

1位 イングランド

2位 ウェールズ

3位 アメリカ

4位 イラン


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


1位はイングランドと予想。グループBでは頭一つ抜けているだろう。

メンバーを見てもプレミアリーグで活躍している選手がそろっており、実力、実績ともに完璧。

FWケインの得点王にも期待がかかる。


2位3位が入れ替わる可能性は大いにあるだろう。

ウェールズはネーションズリーグでは思うような結果が出なかったものの、ワールドカップではプレーオフを勝ち上がった勢いで良いサッカーをしてくれるのではないかと思っている。

またここまでウェールズを牽引してきたベイル(33歳)とラムジー(31歳)の2人が年齢的に最後のワールドカップになるかもしれないという想いにより、一層チームに勢いが増すのではないだろうか。

逆に、アメリカは日本代表との試合を見たところ連携のミスやパスミスが目立ち、自らピンチを作ってるシーンが散見された。もちろんティモシー・ウェアやプリシッチがいなかったこともあると思うが、アメリカがワールドカップまでにどこまで仕上げてこれるかでここの順位が変わってくると思う。


イランはこのグループの中で苦戦を強いられるが、アズムンやメフディ・タレミが少ないチャンスをものにして流れを掴むかもしれない。何が起こるかわからないワールドカップで奇跡を起こしてほしい。


【あなたの首位予想を教えてください】

グループBの首位予想

  • 0%イングランド

  • 0%アメリカ

  • 0%イラン

  • 0%ウェールズ

〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


注目の試合

アメリカ 対 ウェールズ


予想では2位3位の戦いがいきなり初戦から対戦。

ここを勝ったほうがグループリーグ突破に大きく近づくと考えている。

お互いのキーマンが得点を決めて試合の流れを持っていけるのか、またはエースを封じられ苦しい展開に持ってかれてしまうのか。。。

何が起こるかわからないワールドカップで両者はどのような戦い方をするのか注目したい。


注目の試合

第1節 イングランド 対  イラン    2022年11月21日 22:00  キックオフ

    アメリカ   対  ウェールズ  2022年11月22日 4:00  キックオフ


第2節 ウェールズ  対  イラン    2022年11月25日 19:00 キックオフ

    イングランド 対  アメリカ    2022年11月26日 4:00 キックオフ


第3節 ウェールズ  対  イングランド 2022年11月30日 4:00 キックオフ

    イラン    対  アメリカ   2022年11月30日 4:00 キックオフ

                            (JFA公式サイト参照)


【グループB 各国のチーム情報】

 ①イングランド FIFAランキング5位 (7大会連続16回目の出場)

  監督 ガレス・サウスゲート

 ②イラン    FIFAランキング20位 (3大会連続6回目の出場)

  監督カルロス・ケイロス

 ③アメリカ   FIFAランキング16位 (2大会ぶり11回目の出場)

  監督グレッグ・バーハルター

 ④ウェールズ  FIFAランキング19位 (16大会ぶり2回目の出場)

  監督ロバート・ベイジ

                      FIFAランキング10/6発表分


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


【各国の注目選手】

イングランド 

メイソンマウント

あのスコールズがランパードの後継者となる存在と言った*1メイソンマウントはMFに必要な技術をすべてハイクオリティでこなしてしまう天才。得点能力やパスセンス、相手を置き去りにするスピードはプレミアリーグでも発揮しているが、イングランドの若きMFが初めてのワールドカップでも普段の力を発揮できるかがイングランドの優勝へのカギとなる。

*1 https://www.football-zone.net/archive/298832 抜粋 英メディアの(フットボール・ロンドン)情報


イラン    

サルダル・アズムン

サッカー好きの日本人ならご存じの方が多いと思う。

2019年日本対イランの試合にて柴崎選手の顔をつかむなどのラフプレーで注目を浴びた選手だが、ロシアリーグで得点王をとるほどの実力。

ロシアリーグでの活躍により現在はブンデスリーガのレバークーゼンに在籍。

ワールドカップでも実力を発揮しイランをグループステージ突破へ導けるか期待。


アメリカ  

クリスチャン・プリシッチ

24歳でアメリカ代表のキャプテンと10番を背負う選手。

特徴はなんといっても圧巻のドリブルセンス。狭いスペースでもするっと抜いてしまうドリブルは彼ならではの技術。ゴール前でボールを持たれたらファールなしで止めるのは中々難しい。

クラブでは思うような活躍はできていないが、代表ではしっかりと結果を残してるだけにワールドカップの活躍がとても楽しみな選手。


ウェールズ  

ギャレス・ベイル

16大会ぶりにウェールズがワールドカップに出場できるのはこの選手の活躍が大きいのではないだろうか。圧倒的なスピードと強靭な体格でサイドを駆け上がり強烈な左足のシュートが特徴の選手。

かつてはBBC(ベンゼマ、ベイル、クリスティアーノ・ロナウド)と他チームから恐れられていたが、怪我も多く近年は思うような活躍ができず苦しいシーズンが続いていた。

今年、長年在籍したレアルマドリードを離れ、ロサンゼルスFCに活躍の場を移したことによって得られる新たな刺激がベイルを復活させるかもしれない。

ベイルの活躍でワールドカップのダークホースとなれるか期待。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


【最新選手リスト】

☆10/25時点での最新試合招集メンバー

★キャプテン


イングランド

GK

ジョーダン・ピックフォード(エバートン)

☆ニック・ポープ(ニューカッスル)

☆アーロン・ラムスディル(アーセナル)

☆ディーン・ヘンダーソン(ノッティンガム)


DF

☆ハリー・マグワイア(マンチェスター・U)

☆ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)

☆エリック・ダイアー(トッテナム)

☆コナー・コーディー(エバートン)

☆フィカヨ・トモリ(ミラン)

ベン・ホワイト(アーセナル)

☆カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)

☆リース・ジェームズ(チェルシー)

☆キーラン・トリッピアー(ニューカッスル)

☆ルーク・ショー(マンチェスター・U)

☆ベン・チルウェル(チェルシー)

☆トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)

☆マーク・グエイ(クリスタル・パレス)

MF

☆デクラン・ライス(ウェストハム)

カルビン・フィリップス(マンチェスター・C)

☆ジュード・ベリンガム(ドルトムント)

☆メイソン・マウント(チェルシー)

☆ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)

☆ジェームズ・ウォード=プラウズ(サウサンプトン)

ジェームス・マディソン(レスター)

FW

★ハリー・ケイン(トッテナム)

☆ラヒーム・スターリング(チェルシー)

☆フィル・フォーデン(マンチェスター・C)

☆ブカヨ・サカ(アーセナル)

☆ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・C)

☆ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム)

ジョイドン・サンチョ(マンチェスター・U)

☆ダミー・エイブラハム(ローマ)

☆アイバン・トニー(ブレントフォード)

マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)



イラン

☆10/25時点での最新試合招集メンバー

★キャプテン


GK

☆アリレザ・ベイランバンド(ペルセポリス)

☆アミル・アベドザデー(ポンフェッラディーナ)

☆ホセイン・ホセイニ(エステグラル)

☆バヤム・ニアズマンド(セパハン)


DF

☆モルテザ・プラリカンジ(ペルセポリス)

☆ショジャ・ハリルサデー(アル・アハリ)

☆ホセイン・カナーニ(アル・アハリ)

☆マジド・ホセイニ(カイセリスポル)

アレフ・ゴーラミ(エステグラル)

アレフ・アガシ(フーラド)

☆サデグ・モハラミ(ディナモ・ザグレブ)

☆サレフ・ハレダニ(エステグラル)

☆ラミン・レザイーアン(セパハン)

☆オミド・ノーラフカン(セパハン)

☆ミラド・モハマディ(AEKアテネ)

☆アポルファズル・ジャラリ(エステグラル)


MF

☆サイード・エザトラヒ(ヴェイレ)

☆オミド・エブラヒミ(アル・ワクラ)

☆サマン・ゴドス(ブレンドフォード)

★エフサン・ハジサフィ(AEKアテネ)

☆アハマド・ヌロラヒ(アル・アハリ)

アリ・カリミ(カイセリスポル)

☆ヴァヒド・アミリ(ペルセポリス)

☆ミラド・サルラク(ペルセポリス)

アミルホセイン・ホセインサデー(シャルルロワ)


FW

☆メフディ・タレミ(ポルト)

☆アリレザ・ジャハンバフシュ(フェイエノールト)

☆メフディ・トラビ(ペルセポリス)

☆アリ・ゴリザデー(シャルルロワ)

モハメド・モヘビ(エステグラル)

☆サルダン・アズムン(レバークーゼン)

☆カリム・アンサリファルド(オモニア・ニコシア)

アラーヤル・サヤードマネシュ(ハル)

アリ・アリプール(ジウ・ヴィセンテ)


アメリカ

☆10/25時点での最新試合招集メンバー

★キャプテン


GK

☆マット・ターナー(アーセナル)

ザック・ステフェン(ミドルスブラ)

☆イーサン・ホーバス(ルートン)

☆ショーン・ジョンソン(ニューヨーク・シティ)


DF

☆アーロン・ロング(NYレッドブルズ)

☆ウォーカー・ジマーマン(ナッシュビルSC)

キャメロン・カーター=ヴィッカーズ(セルティック)

☆エリック・パーマー=ブラウン(トロワ)

クリス・リチャーズ(クリスタル・パレス)

☆マーク・マッケンジー(ヘンク)

☆レジー・キャノン(ボアビスタ)

☆セルジーニョ・デスト(ミラン)

☆ディアンドレ・イェドリン(インテル・マイアミ)

アントニー・ロビンソン(フルハム)

☆ジョー・スカリー(ボルシアMG)

ジョージ・ベロ(ビーレフェルト)

☆サム・ヴァインズ(アントワープ)

MF

☆タイラー・アダムス(リーズ)

☆ジョニー・カルドーゾ(インテルナシオナル)

ユアヌ・ムサ(バレンシア)

☆ケリン・アコスタ(ロサンゼルスFC)

☆ウェストン・マッケニー(ユベントス)

☆ルカ・デ・ラ・トーレ(セルタ)

☆マリク・ティルマン(レンジャーズ)

クリスチャン・ロルダン(シアロル・サウンダーズ)

セバスチャン・レジェット(FCダラス)


FW

★クリスチャン・プリシッチ(チェルシー)

☆ブレンデン・アーロンソン(リーズ)

ティモシー・ウェア(リール)

☆ヘスス・フェレイラ(FCダラス)

☆ジョバンニ・レイナ(ドルトムント)

☆ポール・アリオラ(FCダラス)

☆ジョーダン・モリス(シアトル・サウンダーズ)

☆リカルド・ペピ(フローニンゲン)

☆ジョショ・サージェント(ノーリッジ)



ウェールズ

☆10/25時点での最新試合招集メンバー

★キャプテン


GK

☆ウェイン・ヘネシー(ノッティンガム・F)

☆ダニー・ウォード(レスター)

☆トム・キング(サルフォード)

アダム・デイヴィス(シェフィールド)


DF

☆クリス・メファム(ボーンマス)

☆ジョー・ロドン(レンヌ)

ベン・デイヴィス(トッテナム)

☆クリス・ガンダー(ウィンブルドン)

☆ベン・カバンゴ(スウォンジー)

ジェームズ・ローレンス(ニュルンベルク)

☆コナー・ロバーツ(バーンリー)

☆ソルバ・トーマス(ハダースフィールド)

☆ネコ・ウィリアムズ(ノッティンガム)

☆リース・ノリントン=デイヴィス(シェフィールド・U)



MF

☆イーサン・アンバドゥ(スペツィア)

ジョー・アレン(スウォンジー)

アーロン・ラムジー(ニース)

☆マシュー・スミス(MKドンズ)

☆ジョー・モレル(ポーツマス)

☆ディラン・レビット(ダンディー・U)

ジョニー・ウィリアムズ(スウィンドン)

☆ルビン・コルウェル(カーディフ)

☆ジョーダン・ジェームズ(バーミンガム)

☆ウェス・バーンズ(イブスウィッチ)

☆ジョナサン・ウィリアムズ(スウィンドン)

☆ルーク・ハリス(フラム)

FW

★ギャレス・ベイル(ロサンゼルスFC)

☆ダニエル・ジェームズ(フラム)

☆キーファー・ムーア(ボーンマス)

☆ブレナン・ジョンソン(ノッティンガム)

☆タイラー・ロバーツ(QPR)

☆ラビ・マドンド(レンジャーズ)

☆マーク・ハリス(カーディフ)

ハリー・ウィルソン(フラム)


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page