top of page
  • サッカー太郎

グループA



グループAの順位予想

1位 オランダ

2位 カタール

3位 セネガル

4位 エクアドル



〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


大方の予想通り、1位はオランダだろう。

セネガルやエクアドルのカウンターをディフェンス陣が全てシャットアウト、カタールに総合力で上回り、欧州予選の勢いそのままに全勝勝ち点9で1位突破すると予想する。


2位は開催国カタールを予想。FIFAランクや戦力をみるとセネガルに分がありそうだと思われるが、ホームアドバンテージとサンチェス監督の築きあげてきたポゼッションサッカーでカウンターサッカーに対抗して善戦すると予想。セネガルに引き分け、エクアドルに勝利し、勝ち点4の得失点差でグループAを2位通過するのではないだろうか。


3位はセネガル。アフリカネーションズカップのように噛み合ったときのセネガルは止められない。しかし、前回ワールドカップの日本戦で見せたように、ちょっとした連携不足から失点を招くなど不安要素もちらほら見受けられる。

エクアドルに勝利するものの、オランダに敗れ、カタールと引き分け。グループリーグ突破の可能性は少なくないが、2大会連続グループリーグ敗退を予想。


ホームのカタール、ヨーロッパの強豪オランダ、アフリカのチャンピオンセネガルを相手にすると劣ってしまうのはエクアドルだ。

日本との対戦でもパッとしない戦いぶりを見ると、これだけの競合ひしめくグループAでは敗退が濃厚だろう。予想を覆す結果になることを期待したい。


【あなたの首位予想を教えてください】

グループAの首位予想

  • 0%カタール

  • 0%セネガル

  • 0%エクアドル

  • 0%オランダ



〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


「注目の試合」

オランダVSセネガル FIFAランキング上位勢の対決

世界ランキング8位の強豪とアフリカチャンピオンの戦いは見逃せない。

デ・ヨングを中心に組み立てるオランダ攻撃陣VSクリバリを中心に強固な壁をつくるセネガル守備陣のバトルに注目。

奪ったボールから速攻カウンターを完成させるマネを中心としたセネガル攻撃陣VSファン・ダイクを中心にビッククラブ3選手を誇るオランダ守備陣の勝負にも目が離せない。


カタールVSセネガル グループリーグ突破をかけた大一番

この勝負を制した方がグループAを突破することになるだろう。セネガルのカウンターサッカーかカタールのポゼッションサッカーか。どっちが勝ってもおかしくない激しい展開になるだろう。


放送日時(日本時間)

11月20日25:00 カタールVSエクアドル アルベイト競技場(アルホル)

11月21日25:00 セネガルVSオランダ  アルスママ競技場(ドーハ)

11月25日22:00 カタールVSセネガル  アルスママ競技場(ドーハ)

11月25日25:00 オランダVSエクアドル ハリファ国際競技場(ドーハ)

11月29日24:00 セネガルVSエクアドル ハリファ国際競技場(ドーハ)

11月29日24:00 カタールVSオランダ  アルベイト競技場(アルホル)


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


【グループA 各国のチーム情報】


カタール (FIFAランキング50位)

○組織的に戦うポゼッション志向タイプ

○際立った選手はいないが、連携が抜群

○開催国アドバンテージを活かし初出場でGL突破なるか


ワールドカップ初出場となる開催国カタールの基本フォーメーションは5-3-2。スペイン人のサンチェス監督が長年かけて築き上げた可変的なポゼッションサッカーと組織的な守備が特徴だ。攻撃では、3枚のセンターバックからビルドアップを開始することが基本的だが、時折ウイングバックの片方が落ちる形で4バックとなりビルドアップする形と状況に応じて可変的に対応。守備では、5バックを中心に5-3-2で守る形とFWの片方がポジションを落として5-4-1で守備を築く場面が見受けられる。選手個人の対人スキルはそれほど高くないが守備の連携やカバーリングが上手く失点数を抑えている印象である。


ワールドカップ予選は開催国のため免除だった。その代わりに北米主催のゴールドカップへの参戦や、カタールが開催国となり西アジアとアフリカの強豪国が集結したアラブカップで試合を積み重ねた。どちらのカップ戦も3位で終了し、FWのアルモエズ・アリはゴールドカップ4得点を挙げ得点王に輝いている。ワールドカップ直前の親善試合では、グアテマラとホンジュラスと対戦し、2-0と1-0完封勝利を挙げている。チームとしても勢いをつけて完全ホームのワールドカップに挑めるだろう。



エクアドル (FIFAランキング44位)

○強度の高いディフェンスからFWのターゲットマンを起点に速攻カウンターが武器

○南米予選では強豪アルゼンチンとブラジルにホームでドロー

○先日の日本線では0-0


エクアドルの基本フォーメーションは4-2-3-1。守備では状況に応じて、前線からプレスにいく場面と引いてブロックを固める場面を使い分けている印象。インテンシティの高い守備から奪った後は、長身のターゲットとなるバレンシアやエストラーダのポストプレーからサイドを使ったカウンター攻撃を仕掛ける。


ワールドカップ南米予選では、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイに次ぐ4位で予選突破を決めた。ブラジルやアルゼンチンにもホームで引き分けとなるなど強豪国相手でもしっかり戦える姿勢を印象づけた。

直近2試合では、サウジアラビア、日本と対戦し両試合とも0-0のスコアレスドロー。得点を奪い切れていなかったり、ビルドアップのミスからあわや失点のシーンを招いたりするなど不安材料をどれほど修正できるかがグループリーグ突破のカギとなるだろう。



オランダ(FIFAランキング8位)

○4-3-3から3-5-2に変更

○ビッククラブのセンターバック3枚を敷く出場国NO.1の呼び声高いディフェンス陣

○デ・ヨングを中心としたビルドアップから、仕留めきる多彩なFW陣


オランダは、今まで使っていたウイングの1対1の強さを活かした4-3-3を捨て、ディフェンスをしっかり固めつつポゼッションも可能な3-5-2または3-4-3のスリーバックシステムに変更。ファン・ダイク、デリフト、アケらビッククラブで活躍するDFを要するディフェンスはワ-ルドカップ出場国No.1の守備陣といっても過言ではない。攻撃ではデ・ヨングら中盤の選手のパスからFWやウイングバックの選手が相手の背後をとって得点に結びつけるシーンが多く見受けられる。


欧州ワールドカップ予選では、7勝2敗1分けの1位通過に加え、直近15試合負けなしを記録している。悲願のワールドカップ優勝に向け、盤石の体制を整え本大会に挑んでくるだろう。



セネガル(FIFAランキング18位)

○アフリカネーションズカップのチャンピオン

○クリバリ、ディアロ、メンディとビッククラブで活躍する強力な守備陣

○奪ったら中盤から前線のFWへ電光石火のカウンターが武器


セネガルの基本フォーメーションは4-3-3。DFクリバリ、ディアロ、GKメンディを要する中央のディフェンス陣は強固な守備を誇る。ディフェンスでボールを奪うとゲイェら中盤の選手からFW陣にパスをつなぎ、圧倒的なスピードを活かしてゴールを脅かす。


2022年のアフリカネーションズカップでは、エジプトとのPK戦までもつれ込む死闘に打ち勝ちアフリカチャンピオンの称号を勝ち取った。アフリカワールドカップ予選でまたしてもエジプトと対戦。この試合もPK戦までもつれこむ熱戦を繰り広げPK5-3でエジプトに勝利しワールドカップ出場を決めた。アフリカチャンピオンがワールドカップでどこまで通用するか楽しみで仕方がない。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


【各国の注目選手】


カタール

FW アルモエズ・アリ

・どんな体制でもゴールを決める圧倒的な決定力。

・特別身体が大きいわけではないがポジショニングが絶妙で、何故かボールが転がってくる。

・ホームの声援を受けたアリは何かすること間違いなし。


エクアドル

DFペルビス・エストゥピニャン

・昨年、EL準決勝まで進出したビジャレアルでは主力として左サイドを牽引した。

・現在は、プレミアリーグのブライトンに所属。日本代表である三苫薫の同僚。

・爆発的なスピード力を持ち、カウンター攻撃では一役買って出ることになるだろう。


FWエネル・バレンシア

・エクアドル国民に愛されたエクアドルのバンディエラ。

・代表通算72試合出場35ゴールをマークしている32歳。

・エクアドルの決勝トーナメント進出を目指すのであれば彼の活躍なしには厳しいだろう。


オランダ

MFフランキー・デ・ヨング

・スペインの名門FCバルセロナで活躍中。

・ビルドアップの中心としてチームの攻撃を牽引。

・ゴールの起点となる鋭いスルーパスを繰り出す天才パサー。


DFファン・ダイク

・所属元のリバプールでは、前回のCL準優勝まで導いた世界ナンバー1のセンターバック。

・FWの選手に負けないスピードと強靭なフィジカルを活かしたディフェンスは、1対1で抜くことは至難の業である。

・代表でもディフェンスリーダーとして君臨している。


FWメンフィス・デパイ

・所属元のバルセロナでは出場機会に恵まれていないものの、代表では絶対的なFWの1人

・オランダ代表では81試合に出場し、42得点をマークしている。

・身体を使ったキープに加え、巧みなテクニックを持ち合わせる総合力の高いFW。


セネガル

FWサディオ・マネ

・リバプールからバイエルンへという新しいビッククラブに新天地を決め、バイエルンでも主力として活躍している。

・抜群の決定力とスピードを兼ね備えたセネガル攻撃陣の要。

・代表ではキャプテンも務める絶対的エース。


DFカリドゥ・クリバリ

・今夏にナポリからイングランドのビッククラブチェルシーへ移籍。

・守備陣のリーダーであり、圧倒的なスピードとフィジカルを持つフィジカルモンスター。

・1対1では背後に抜けることすら許してくれない。


GKエドゥアール・メンディ

・一昨年のCLチャンピオンとなったチェルシーの守護神。

・瞬発力を活かしたセービングスキルを武器に強豪国のシュートを次々に阻んでいく。

・CBのクリバリとは所属元のチェルシーでも同僚となり、守備陣の連携力も更に増していくだろう。


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


【最新選手リスト】

カタール

GK

サード・アルシーブ(アルサッド)

ユースフ・ハサン(アルガラファ)

メシャル・バルシャム(アルサッド)


DF

ロー・ロー(アルサッド)

ブアレム・フヒ(アルサッド)

アブデルカリム・ハサン(アルサッド)

ムサブ・ヘデル(アルサッド)

タレク・サルマン(アルサッド)

バサム・アルラウィ(アルドゥハイル)

ホマム・アルアミン・アフメド(アルガラファ)


MF

カリム・ブディアフ(アルドゥハイル)

アブデルアジズ・ハティム(アルラーヤン)

アリ・アサダラー・アサド(アルサッド)

アシム・マディボ(アルドゥハイル)

アブドゥラー・アルアフラク(アルドゥハイル)

ハリド・ムニル(アルワクラ)

モハンメド・ワード(アルサッド)


FW

イスマイル・モハメド(アルドゥハイル)

ハサン・アルハイドス(アルサッド)

アフメド・アラーエルディン(アルガラファ)

モハメド・ムンタリ(アルドゥハイル)

アルモエズ・アリ(アルドゥハイル)

アクラム・アフィフ(アルサッド)



エクアドル

GK

アレクサンデル・ドミンゲス(デポルテス・トリマ/コロンビア)

モイセス・ラミレス(インデペンディエンテ・デル・バジェ)

ゴンサロ・バジェ(グアヤキル・シティ)

エルナン・ガリンデス(アウカス)


DF

バイロン・カスティージョ(レオン/メキシコ)

アンヘロ・プレシアード(ヘンク/ベルギー)

ルイス・レオン(アトレティコ・サン・ルイス/メキシコ)

ジャクソン・ポロソ(トロワ/フランス)

ピエロ・インカピエ(レヴァークーゼン/ドイツ)

ウィリアム・パチョ(アントワープ/ベルギー)

ペルビス・エストゥピニャン(ブライトン/イングランド)

ハビエル・アレアガ(シアトル・サウンダーズ/アメリカ)

ディエゴ・パラシオス(ロサンゼルスFC/アメリカ)



MF

カルロス・グルエソ(アウクスブルク/ドイツ)

モイセス・カイセド(ブライトン/イングランド)

ジェレミー・サルミエント(ブライトン/イングランド)

パトリックソン・デルガド(アヤックス/オランダ)

アラン・フランコ(タジェレス/アルゼンチン)

ホセ・シフエンテス(ロサンゼルスFC/アメリカ)

ジェヘクソン・メンデス(ロサンゼルスFC/アメリカ)

ゴンサロ・プラタ(バジャドリード/スペイン)

アンヘル・メナ(レオン/メキシコ)

ロマリオ・イバーラ(パチューカ/メキシコ)

アントニー・バレンシア(アントワープ/ベルギー)

ニルソン・アングロ(アンデルレヒト/ベルギー)



FW

ミチャエル・エストラーダ(DCユナイテッド/アメリカ)

エネル・バレンシア(フェネルバフチェ/トルコ)

ジョルカエフ・レアスコ(ニューウェルズ/アルゼンチン)


オランダ

GK

マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ)

ヤスパー・シレセン(NECナイメーヘン/オランダ)

ユスティン・バイロウ(フェイエノールト/オランダ)

レムコ・パスフェール(アヤックス/オランダ)

アンドリエス・ノパート(ヘーレンフェーン/オランダ)

DF

デヴィヌ・レンチ(アヤックス/オランダ)

ユリエン・ティンバー(アヤックス/オランダ)

デイリー・ブリント(アヤックス/オランダ)

ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア)


デンゼル・ダンフリース (インテル/イタリア)

ミッキー・ファン・デ・フェン (ボルフスブルク/ドイツ)

ミッチェル・バッカー(バイヤー・レバークーゼン/ドイツ)

イェレミー・フリンポン(バイヤー・レバークーゼン/ドイツ)

マタイス・デ・リフト(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

スヴェン・ボトマン(ニューカッスル・ユナイテッド/イングランド)

パスカル・ストライク(リーズ・ユナイテッド/イングランド)

ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド)

タイレル・マラシア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

フィルジル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド)

MF

シャビ・シモンズ(PSVアイントホーフェン/オランダ)

フース・ティル(PSVアイントホーフェン/オランダ)

ヨルディ・クラーシ(AZアルクマール/オランダ)

ケネス・テイラー(アヤックス/オランダ)

デイヴィ・クラーセン(アヤックス/オランダ)

トゥーン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア)

マルテン・デ・ローン(アタランタ/イタリア)

ライアン・グラフェンベルフ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン)



FW

メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン)

アルノー・ダンジュマ(ビジャレアル/スペイン)

ドニエル・マレン(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)

ワウト・ウェクホルスト(ベジクタシュ/トルコ)

フィンチェント・ヤンセン(ロイヤル・アントワープ/ベルギー)

ノア・ラング (クラブ・ブルージュ/ベルギー)

ルーク・デ・ヨング(PSVアイントホーフェン/オランダ)

コーディ・ガクポ(PSVアイントホーフェン/オランダ)

スティーヴン・ベルフワイン(アヤックス/オランダ)

スティーヴン・ベルハイス(アヤックス/オランダ)

ブライアン・ブロビー(アヤックス/オランダ)


セネガル

GK

エドゥアール・メンディ(チェルシー/イングランド)

アルフレッド・ゴミス(レンヌ/フランス)

セニー・ディエン(クイーンズ・パーク・レンジャーズ/イングランド2部)

モリ・ディアウ(クレルモン/フランス)



DF

パプ・アブ・シセ(オリンピアコス/ギリシャ)

ノア・ファディガ(ブレスト/フランス)

フォルモーゼ・メンディ(アミアン/フランス)

イスマイル・ヤコブス(ASモナコ/フランス)

アブドゥ・ディアロ

(ライプツィヒ/ドイツ)

フォデ・バロ・トゥーレ(ACミラン/イタリア)

ムサ・ニアカテ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド)

カリドゥ・クリバリ(チェルシー/イングランド)


MF

パテ・イスマエル・シス(ラーヨ・バジェカーノ/スペイン)

ママドゥ・ルム(アラベス/スペイン)

ムスタファ・ナメ(パリFC/フランス)

クレパン・ディアッタ(ASモナコ/フランス)

パプ・ゲイェ(オリンピック・マルセイユ/フランス)

ナンパリス・メンディ(レスター・シティ/イングランド)

シェイフ・クヤテ(ノッティンガム・フォレスト/イングランド)



パプ・マタル・サール(トッテナム・ホットスパー/イングランド)

イドリサ・ガナ・ゲイェ(エバートン/イングランド)


FW

サディオ・マネ(バイエルン/ドイツ)

イスマイラ・サール(ワトフォード/イングランド)

イリマン・エンディアイェ(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド)

デンバ・セック(トリノ/イタリア)

ブライェ・ディア(サレルニターナ/イタリア)

ニコラス・ジャクソン(ビジャレアル/スペイン)

バンバ・ディエン(オリンピック・マルセイユ/フランス)

ケイタ・バルデ・ディアオ(スパルタク・モスクワ/ロシア)


〈もっとW杯観戦を楽しみたいという方はピナクル で世界中のサッカーファンたちとサッカーの勝敗にベットしよう!〉


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。



Comments


bottom of page