top of page
  • サッカー太郎

プレミアリーグ2023ー2024 第10節 日本人選手ダイジェスト

アーセナル/冨安健洋・DF

​試合結果

​出場状況

得点

アシスト

​10/28(土)23:00

アーセナル 5-0 シェフィールドU

後半21分IN

1

0


プレミアリーグ優勝チーム予想

  • 0%マンチェスター・C

  • 0%アーセナル

  • 0%ニューカッスル

  • 0%マンチェスター・U

You can vote for more than one answer.


 ミッドウィークにチャンピオンズリーグのセビージャ戦に左SBでフル出場して、ファンが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍をした冨安は後半21分に右SBのベン・ホワイトに代わり途中出場した。冨安にとって記念すべきプレミアリーグ50試合目の出場となった。


 3点をリードした展開での出場で基本左肩上がりのアーセナルの右SBでの出場とあって守備重視の入りとなる。それでもポゼッション率72%というだけあってオーバーラップからのセンタリングもあり、左からのこぼれ球をシュートする場面もあった。一度だけ、相手MFソウザにダブルタッチで股を抜かれるシーンがあったが失点には至らず。そして、後半アディショナルタイムに歓喜の時は訪れる。右コーナーキックからのこぼれ球に反応した冨安が右足で押し込みアーセナル加入後、初得点となった。これにはピッチ上の選手たちから祝福されただけでなく、ベンチの選手やスタッフからも拍手を送られ、愛される姿をうかがわせる場面も。試合はアーセナルが5対0で勝利し、勝ち点を24まで伸ばし首位トッテナムとの勝ち点差2をキープしている。


 試合後、自身のインスタグラムを更新。次のように思いを綴った。

「ついに!アーセナルの初ゴール。みんな、ありがとう!!!このゴールは昨年亡くなった母に捧げます」 

 この投稿には、3500件以上のコメントが寄せられた。 

 

 アルテタ監督は移籍後初ゴールをマークした冨安について、こう述べている。

 「私はトミが大好きで、みんなも彼が大好きだ。ドレッシングルームでは最も人気のある選手の一人。みんなの反応を見ればわかるだろう。彼は控えめで、いつもみんなのために何かをしてくれているから、チームメイトたちは彼に前に出て楽しんでほしいと思っているんだ。チームにとって最高の選手だよ」と。


 次節は1日のリーグ杯4回戦のウェストハム戦をはさんで、4日のアウェイでのニューカッスル戦。過密日程が続くアーセナル。必ず冨安に出番は訪れる。スタメンだろうが、途中出場だろうが最高のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。



冨安健洋ダイジェスト動画



ブライトン/三笘薫・MF

試合結果

出場状況

得点

​アシスト

​10/29(日)23:00

ブライトン 1-1 フラム

​スタメンフル出場

0

0



 ミッドウィークにヨーロッパリーグのアヤックス戦に先発フル出場した三笘は、この日、けが人の多さからシステムを「4-2-3-1」から「4-3-3」に変更した余波を受け左ウィングバックでの先発出場となった。 


 小雨が降り注ぎ、ピッチコンディションが悪い中、三笘が開始早々魅せる。ララーナからのスルーパスに抜け出して左サイドをスピードで突破するも、センタリングは相手DFに引っかかる。12分には相手DFをドリブルで翻弄すると最後はこぼれ球をバレバがシュートするも枠を外れる。16分にはララーナとダフートの連携から三笘が抜け出し左足でシュートを放つも枠を外れる。後半は前半ほどドリブルで突破するシーンは少なかったが、味方を活かす効果的なパスを供給し常に相手の脅威となっていた。試合はボール支配率71%と圧倒するも後半20分に追いつかれホームで痛恨の引き分け。4試合ぶりの勝利をつかみ取ることはできなかった。勝ち点は一つ伸ばし17として7位をキープしている。


試合後の三笘は「完全に支配していた。失点のところだけ」と残念がった。「休んでリフレッシュしたい。メンタル的には厳しいが、切り替えないといけない」と自分に言い聞かせるように話した。 


 英メディア「Sky Sports」は、この試合に出場した選手たちを10段階で評価した。三笘にはチームで最高タイとなる「7」が与えられた。


 ここまでスタメン出場が続く三笘に対して、指揮官であるデゼルビ監督の三笘に関するコメントが憶測を呼んでいる。「三笘に関しては、もう言葉がない。彼は本当に過小評価されている。信じてほしいが、サッカー界は彼の価値を理解していない。彼は僕だけでなく、どんな監督にとっても素晴らしい選手になれる。彼はとんでもない選手なんだ」と。

 指揮官が三笘を最大限に評価しているのはわかる。ただアーセナルやマンチェスター・シティなどのビッグクラブの獲得報道が何度となくされ、グアルディオアラ監督が賛辞の言葉

を並べたこともあり、デゼルビ監督はそれでも物足りないかもしれないが、「過小評価」というほどではないだろう。それだけにネット上では、別の意図があるのではと勘繰られている。「来夏に向けて三笘の値段をつり上げる意図があるのではないか」や「監督は三笘を売り出す準備をしているようだ」といった具合だ。

 三笘はブライトンを2027年6月末まで契約延長し、移籍金は5000万ポンド(約90億5000万円)から最大9000万ポンド(約162億9000万円)に高騰したと報じられているが、クラブ側は、さらなる高値を狙っているのだろうか。


 次節は4日のアウェイでのエバートン戦。ヨーロッパリーグとの並行した過密日程が続いていたブライトンだが、不幸中の幸いにもミッドウィークはすでに敗退しているカラバオカップが開催されるため1週間の準備期間がある。その間にリフレッシュして、昨季1-5の大敗を喫した天敵エバートン戦に向けてベストな調整をしたい。



三笘薫ダイジェスト動画


  

リバプール/遠藤航・MF

試合結果

​出場状況

​得点

​アシスト

​10/29(日)20:30

リバプール 3-0 フォレスト

後半35分IN

​0

0

 ミッドウィークに開催されたヨーロッパリーグのトゥールーズ戦でアンカーとして先発フル出場した遠藤は、移籍後初ゴールをヘディングシュートで決めて5対1の勝利に貢献した。地上戦勝利数11回、空中戦勝利数4回、インターセプト3回、タックル6回を記録して試合のデュエル王となった遠藤は後半35分からの出場となった。


 この試合でもアンカーの位置にはマクアリスターが入り、インサイドハーフにソブスライとフラーフェンベルフが入る。遠藤は後半35分、3点リードの場面でFWヌニェスに代わって出場した。マクアリスターが一列上がって遠藤はアンカーで出場。出場時間は10分間ではあるが、守備では観客を沸かすシーンもあった。本来のポジションでマクアリスターが躍動していただけに、遠藤をアンカーで起用して欲しいという思いが一層強くなった。


 次節は1日のミッドウィークのリーグ杯ボーンマス戦をはさんでの5日アウェイのルートンタウン戦。過密日程となるリバプールだが、遠藤のスタメン起用はあるのか。



遠藤航ダイジェスト動画



このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。



Comments


bottom of page